わだ小児科クリニックのトップページへ
わだ小児科クリニック:院長からのごあいさつ わだ小児科クリニック:診察時間と休診カレンダー
わだ小児科クリニック:クリニック通信 わだ小児科クリニック:院内案内
わだ小児科クリニック:病気について わだ小児科クリニック:交通アクセス
わだ小児科クリニック:問い合わせ わだ小児科クリニック:リンク集
わだ小児科クリニックへのお電話でのお問い合わせは 078-747-3150 まで
病児保育キッズケアぞうさんルーム
病児保育キッズケアぞうさんルーム
・利用登録票(乳幼児一時預かり事業)・利用申請書(乳幼児一時預かり事業)・家庭との連絡票・与薬依頼書・同意書・除去食依頼書
わだ小児科クリニック:クリニック通信

新型インフルエンザの流行には冷静に対応しましょう

 本年4月よりメキシコから発症した新型インフルエンザが世界中に拡大傾向にあります。日本でもカナダからの帰国者だけでなく、神戸、大阪の高校生を中心として多数の国内感染がすでに起こってしまいました。今回の新型インフルエンザは弱毒型とされ、従来の季節性インフルエンザと危険性は同等のようですが、誰もが感染する可能性があり、すでに神戸、大阪ばかりでなく他の地域でも大流行が危惧されています。

 本年4月、メキシコで豚インフルエンザから変異した新型インフルエンザが発症しました。その後、アメリカ、カナダと感染が拡大し、現在では世界の40ヶ国近く、8千人以上の人が発症し、まさに世界的大流行(パンデミック)の様相を示しています。

WHOは、警戒レベルをフェーズ5 にしたままですが、すでにメキシコ、アメリカ、カナダといった北米地域以外のヨーロッパのスペインでも多数の発症があり、複数の地域で大流行が起きるフェーズ6のレベルになっていると思われます。

日本では、カナダ帰りの4人が発症してから、入国の水際で予防が重視されてきました。しかし、5月中旬、神戸、大阪の高校生を中心に新型インフルエンザが発症しました。外国からの帰国者ではないので、新型インフルエンザウイルスはすでに国内で広がっており、ヒトからヒトへの伝播が拡大しつつあります。

初期の感染経路が分からない状況では、更に多くの地域での発症が起こる可能性があります。今後は感染の拡散を如何に抑えていくかが最重要課題になっています。





 今回の新型インフルエンザはすでに死亡者が60人を越えています。ただ、その多くはメキシコでの死亡者で、その他の地域での致死率は従来の季節性インフルエンザとほぼ同等であり、東南アジアでの高病原性トリインフルエンザのように高くはありません。

病原性としては弱毒型とされ、呼吸器症状を中心としていて、強毒性にみられる全身の多臓器不全はみられていません。日本の発症例でも重度の感染はなく、治療薬のタミフル等、抗インフルエンザ薬が効果を示しています。

しかし、従来の季節性インフルエンザと危険性は同等とはいえ、全く新しいウイルスのため、誰もが予防する抗体を持っていません。それ故、誰でも感染する可能性があり大流行が危惧されています。

今までのインフルエンザの既往や今までのワクチンは何の防御になりません。新型インフルエンザに対する新ワクチンはすぐには出来ません。それまでは出来るだけ感染を広げないよう注意していくことが必要です。

7日以内に新型インフルエンザの患者に接触した可能性がある場合で、発熱等インフルエンザ様症状がある場合は、特に注意が必要です。自治体によって新型インフルエンザへの対応は公表されており、いたずらに恐れることなく冷静に対応していくことが大切と思います。


■ 日常の一般的対応

マスク着用、うがい・手洗いの励行、咳エチケットの徹底
(せき・くしゃみのある時はティッシュやハンカチで口鼻を覆う)
不要不急な外出や人ごみを避ける 体調に気をつける


■ 発熱がある場合、以下のような時はより注意が必要です。

@ メキシコ、アメリカ、カナダなど海外の流行地域に渡航していた場合

A 本人の渡航はなくても、海外に渡航していた人との接触があった場合
(特に発熱のあった人との接触)

B 神戸、大阪地域に住んでいたり、出かけたことがある場合で新型インフルエンザの患者との接触が疑われる場合

C 38℃以上の発熱、悪寒、咳や息苦しさ等の呼吸器症状、全身倦怠感などインフルエンザ様の症状  

このような場合は新型インフルエンザとの関連が疑われるので、医療機関を受診する前に必ず 神戸市発熱相談センター に連絡して下さい。



<<神戸市発熱相談センター>>
平成21年4月29日〜
終日 078-335-2151(直通)


<<一般相談窓口>>
078-322-5000

■ その他、新型インフルエンザに関し、心配や不安なこと、疑問に思うことがあれば、神戸市の各区に健康相談窓口が開かれていますので、ご相談下さい。

<<健康相談窓口>>
平日 (9:00〜17:00)

東灘区保健福祉部健康福祉課        078-841-4131

灘区保健福祉部健康福祉課          078-843-7001

中央区保健福祉部健康福祉課         078-232-4411

兵庫区保健福祉部健康福祉課         078-511-2111

北区保健福祉部健康福祉課          078-593-1111

北区保健福祉部北神担当           078-981-8870

長田区保健福祉部健康福祉課         078-579-2311

須磨区保健福祉部健康福祉課         078-731-4341

北須磨支所保健福祉課            078-793-1313

垂水区保健福祉部健康福祉課         078-708-5151

西区保健福祉部健康福祉課          078-929-0001



■ 新型インフルエンザの情報に関しては、以下のサイトもご参照下さい。

厚生労働省HP  http://www-bm.mhlw.go.jp/

神戸市HP    http://www.city.kobe.lg.jp/


【記事の一覧に戻る】



ホーム | このページのトップへ

ごあいさつ | 診療時間・カレンダー | クリニック通信 | 院内案内 | 病気について | 交通アクセス
予約システムの説明 | 問い合わせ | リンク集
Copyright(C) 2004 Wada-ped.jp All Rights Reserved.
わだ小児科クリニックのTOPトップページへ