わだ小児科クリニックのトップページへ
わだ小児科クリニック:院長からのごあいさつ わだ小児科クリニック:診察時間と休診カレンダー
わだ小児科クリニック:クリニック通信 わだ小児科クリニック:院内案内
わだ小児科クリニック:病気について わだ小児科クリニック:交通アクセス
わだ小児科クリニック:問い合わせ わだ小児科クリニック:リンク集
わだ小児科クリニックへのお電話でのお問い合わせは 078-747-3150 まで
病児保育キッズケアぞうさんルーム
病児保育キッズケアぞうさんルーム
・利用登録票(乳幼児一時預かり事業)・利用申請書(乳幼児一時預かり事業)・家庭との連絡票・与薬依頼書・同意書・除去食依頼書
わだ小児科クリニック:クリニック通信

 子宮頚癌予防ワクチンの新規接種が再開されることになりました。

平成23年1月から、子宮頚癌予防ワクチンの助成による

無料接種が中学1年生〜高校1年生相当の女児に対して

始まっていました。

その後、ワクチンの供給不足から3月より

新規接種が中止されていましたが、

この度7月から全ての対象者への接種が

再開されることになりました。












 子宮頚癌は発がん性ヒトパピローマウイルス(HPV)による

感染が原因ですが、日本では毎年1万5千人以上が発病し、

およそ5分の1の3500人が亡くなっています。

近年、20〜30代の若い女性の子宮頚癌が増加傾向にあり、

10万人あたり35人程度が発症しています。

この子宮頚癌の発症予防のために、

平成23年1月から中学1年生〜高校1年生相当の

女児に公費助成による子宮頚癌予防ワクチンの

無料接種が始まりました。


しかし、ワクチンの供給不足により3月からは

新規の接種が中止されることになりました。

その後の供給の回復により徐々に新規接種が

再開されてきましたが、神戸市では7月下旬からは

以下の予定で全ての対象者への新規接種が

出来ることになりました。






■ 接種出来る対象者は以下の通りです。
・ 高校2年生相当年齢の女児 : 平成23年6月10日〜
・ 高校1年生相当年齢の女児 : 平成23年7月10日〜
・ 中学1〜3年生の女児    : 平成23年7月20日〜


高校2年生は本来は対象ではないのですが、

ワクチン不足で平成23年3月までに接種出来なかった

前年度の高校1年生が対象となっています。

しかも平成23年9月末までに1回目を接種した

場合のみ2回目、3回目の接種が可能となります。

期限は平成24年3月31日までです。



 ここで問題となるのは、子宮頚癌予防ワクチンの

助成制度は今のところ平成24年3月31日までの接種が

対象となっていることです。

この時期以降の助成制度についてはまだ決まっていませんので、

この期限までにどの対象者も子宮頚癌予防ワクチン3回を

済ます必要があります。

子宮頚癌予防ワクチンは3回接種(初回、1ヵ月後、6ヵ月後)

に6ヶ月かかりますので、

期限内に接種を終えるためには平成23年9月末までに

1回目の接種をしていなければなりません。

来年度の助成制度が決まっていない以上は、

必ず平成23年9月末日までに1回目の接種を済ますように

して下さい。



 子宮頚癌予防ワクチンは子宮頚癌の約70%は

予防出来ると言われています。

将来のリスクを減らすためにも、対象年齢の女児は

公費助成制度のある間に出来るだけ予防ワクチンの

接種をお勧めします。





【記事の一覧に戻る】



ホーム | このページのトップへ

ごあいさつ | 診療時間・カレンダー | クリニック通信 | 院内案内 | 病気について | 交通アクセス
予約システムの説明 | 問い合わせ | リンク集
Copyright(C) 2004 Wada-ped.jp All Rights Reserved.
わだ小児科クリニックのTOPトップページへ